ごあいさつ

代表理事
長田 新子

2021年11月のSocial Innovation Week Shibuya(SIW)での「NFTで広がるアーティストのバリュー」というセッションにおいて、”新たな時代に突入する中、自分自身でチャレンジして一緒に世界を変えていきたい、皆が輝ける場所を作りたい”という共通の想いが生まれ、新しい形で実現できることへの議論を重ねた結果、一般社団法人Metaverse Japanを立ち上げることとなりました。渋谷区公認バーチャル渋谷や、スタートアップ・キャリア支援活動など積極的に行っている中、このメタバースを中心とした新しい可能性が社会の変化の流れになると感じ始めています。この加速時に主体的に動くことへの重要性と、グローバル企業の経験、行政関連組織でハブとして動いている経験、メタバース関連での経験を生かし、グローバル規模で個人が輝ける社会、そして日本の持つパワーを最大化させるようなことを目指して、活動していきたいと思っています。

可能性が未知数ながら、一緒に世界を変えたいという想いに賛同してくれた各業界からの素晴らしいメンバーが、この団体への期待と自らも活動を共にしたいと表明していただいたことに深く感謝申し上げます。

共同代表理事
馬渕 邦美

COVID19や地政学リスクの高まりから、もはや従来の知識が役立たない時代になりました。すべてのルールが変化しています。これから求められるのは、新たなゲームを仕掛けることのできる人や組織でしょう。専門分野への特化だけでなく、多分野を縦断する幅広い知識をもち、それにより垣根を越えた話し合いができる人や組織が必要です。USでは80年代後半から“専門分野の知識のみでは問題は解けない”という結論に達し、領域横断的に課題設定・課題解決に取り組む人や組織の育成が既に広まっています。

メタバースやWeb3を巡る未来に向けた議論は、まだ始まったばかりです。今後その定義や目的、法律を、今後のテクノロジーの進化を元に領域横断的に明らかにしていかなくてはなりません。
今こそ、この大きな可能性のある新しい世界を、自分、コミニュティー、グローバルの人たち、これからの世代の人たちと、環境、テクノロジー、ダイバーシティーなど、幅広い視点で議論し、更には日本が持つIPやアーティストのクリエイティビティや、新しい起業家の持つ才能をWeb3時代の世界に解き放ち、グローバルのマーケットやコミュニティで輝く事が出来る様に、大きく仕掛けていく必要があると考えています。

未知の世界に対して、正確な地図を描くのは、非常に難しいと思われますが、私達はここで、方向性を定めるビジョンを示して行きたいと思います。

Metaverse Japanは、幸せを育む新しい社会の力として、広く貢献していきます。

2022年3月15日

TOP